いちいち分別するのはめんどくさい?ゴミを分別しないで捨てる方法

ゴミを分別しないとどうなるのか


生活していると当たり前ように出るゴミ。いろいろな種類のゴミがあると、いちいち分別するのが面倒ですよね。

しかし、ゴミの分別をせずに捨てると、さまざまな問題が発生します。

有効な資源を再利用できなくなる

捨てられたゴミの行き先を知っていますか?ゴミは、どんなものでもまとめて処分されているわけではありません。

限りある資源を有効活用するため、まだ使えるものは償却・埋め立て処分されずに再利用しているのです。

ペットボトルや瓶、缶などを分別するのも、リサイクルを目的として行っています。

つまり、ゴミを分別することは、再利用できるものとできないものに分けるための重要な工程なのです。

きちんと分別をせず、適当に捨ててしまうと、まだ使える貴重な資源が再利用できなくなってしまいます。

環境に悪影響を及ぼす

きちんと分別しないことは、資源をムダにするだけでなく、環境汚染に繋がるリスクもあります。

例えば、ペットボトルを分別せずに「燃えるごみ」と一緒に出してしまうと、焼却処分により温室効果ガスが発生してしまうのです。

温室効果ガスが増えれば、地球温暖化が加速してしまいます。

ゴミを収集してもらえない可能性がある

きちんとゴミを分別しないことは、自分にとってもデメリットがあります。地域によっては、分別されていないゴミを収集してもらえないこともあるからです。

収集されずにゴミ捨て場に残ったゴミは、自宅に一度持ち帰るしかありません。

そのまま放置すれば、ゴミが腐敗して悪臭の原因となったり、カラスや野良猫に荒らされたり、さまざまな問題に繋がりかねません。

放置されたままのゴミは、中身を確認して誰のものか調べる場合もあります。

ゴミ捨て場を利用する近隣の方にも迷惑をかけてしまうので、ゴミの分別は必須です。

ゴミを分別しないで捨てる方法


ゴミの分別が苦手な方や面倒に感じる方は、分別する必要がない、以下2つの処分方法がおすすめです。

買い取りに出す

ゴミは、捨てる以外に、“買い取りに出す”という方法もあります。どんなものでも買い取りに出せるわけではありませんが、まだ使えるものは中古品として売れる可能性があります。

買い取りに出せば、処分費用もかからないうえに、現金収入が得られるのでメリットしかありません。

買い取りに出す手軽な方法は、「フリマアプリ」と「リサイクルショップ」の2つです。

フリマアプリは自分で出品、梱包、発送を行う手間がありますが、その分高値で売れやすい利点があります。

出品はスマホで簡単に行えますし、梱包や発送も慣れれば簡単です。

フリマアプリで売れやすいものは、ブランド品や状態の良い衣類など。取り扱っているジャンルが幅広いため、つかいかけのコスメやアニメグッズ、子ども用品、スポーツ用品など、ありとあらゆるものを出品できます。

不用品が大量にある場合は、すぐに処分できるリサイクルショップの利用がおすすめです。

フリマアプリの場合、買い手がつくまでに時間がかかる場合がありますが、リサイクルショップならその場で引き取ってもらえます。

買取額はフリマアプリよりも安いですが、1つ1つ出品する時間がない、早く処分したいという場合には、リサイクルショップが向いています。

不用品回収を利用する

フリマアプリやリサイクルショップでも売れないものや、買い取りに出すのが難しい場合は、ゴミとして処分するしかありません。

分別をせずにゴミに出すのであれば、「不用品回収を利用する」という方法がおすすめです。

不用品回収の場合、ほとんどの業者で分別や仕分けはスタッフが行ってくれます。そのため、処分する不用品は家のなかに置いたままでOKです。

処分費用は割高になりますが、手間をかけずラクに処分するのであれば、不用品回収業者はと手も便利な存在と言えます。

東京にお住まいの方にオススメの不用品回収はこちらで紹介しています。

費用をとるか手間をとるか


自分で分別して自治体のゴミ収集に出せば、かかる費用はゴミ袋代だけで済みます。手間はかかっても、お金をかけずに処分したいのであれば、分別は必須です。

お金はかかっても手間はかけたくない、というのであれば、不用品回収業者の利用が適しています。

 

手間と費用、どちらを優先するかで、ゴミの処分方法を選びましょう。

まとめ

今回は、ゴミの分別の必要性やゴミを分別しないで処分する方法についてご紹介いたしました。

  • ゴミの分別をしないと、資源の再利用ができず、環境汚染にも繋がる
  • 分別されていないゴミは収集してもらえない可能性もある
  • 分別せずに処分するになら、フリマアプリなどでの「買い取り」がおすすめ
  • 買い取りできない場合は、不要品回収を利用すれば分別せずに処分できる

ゴミの分別は手間がかかりますが、自治体ゴミとして出すのなら必須です。

手間を優先するのなら、割高でも不用品回収業者に利用をおすすめします。