女性でないと不安?女性スタッフが在籍している不用品回収業者を紹介

不用品回収が女性でないと不安に思う要素


不用品回収では、基本的に収集スタッフが自宅に入って、片付けや搬出作業を行います。

そのため、女性の場合は、自分の生活空間に、初対面の男性が入ることに対して抵抗がある方も少なくないでしょう。

もちろん作業をするのは不用品回収のプロなので心配いりませんが、女性の私も男性による作業にいくつかの不安要素がありました。

洗濯物などプライベートなものを見られたくない

不用品の回収をする際は、部屋の養生や不用品の梱包などを部屋に入って行う作業が多いです。

そのため、部屋のなかに何気なく置いているものが、作業スタッフの視界に入る可能性もあります。

部屋に干してある衣類や洗濯物、友人や家族と撮った写真など…

 

他人に見られることさえ抵抗があるのに、知らない男性となるとより不快感を抱いてしまいます。

異性に片付けてもらうことが不快に感じる

自分の所有物を男性に見られること自体、不安がある人も少なくないでしょう。

また、片付けや不用品回収の作業中に、プライベートなものが出てくる可能性も0ではありません。

下着など、男性だからこそ見られたくないものを作業スタッフが発見してしまうこともあります。

一人暮らしや子どもがいて、知らない男性が部屋に入るのが心配

一人暮らしの女性の場合、作業員が男性だと、密封空間でいるだけで抵抗に感じるものです。

また、子どもがいると、より知らない男性を近づけることに対して不安感を持つ方もいるかと思います。

相手は仕事で来ているだけと分かっていても、男性となると1人や子どもがいる環境では頼みくいのが本音でしょう。

男性だと些細な質問も聞きづらい

作業中に、疑問に思ったことや気になったことがあっても、男性だと話しかけづらい方も少なくないでしょう。

聞きたいことや確認したいことできないと、作業後、心残りができてしまうこともあります。

女性の方が話しかけやすい、相談しやすいという方は多いので、作業だけでなく気持ちの面でも、男性スタッフが作業をする不安要素となります。

このように、女性目線だと、どんなに作業が丁寧でも「男性が家に入ること」に対しての不安感はぬぐえません。

不用品回収ルートは女性スタッフも在籍


男性スタッフに抵抗がある人は、女性に作業をしてもらえれば不安感や抵抗感なく、不用品回収を利用することができますよね。

不用品回収業者のなかには、女性のお客様限定で、女性スタッフが作業を担当するサービスも行っています。

創業17年以上になるの「不用品回収ルート」は、女性でも安心して依頼できるよう、女性スタッフが多数在籍しています。

女性スタッフを希望したい旨、事前相談しておけば、作業スタッフの調整にも柔軟対応してもらえるので、男性による作業に抵抗がある方にもおすすめです。

不用品回収ルートは、利用者の70%が女性となっていることも、ひとつの安心材料。

 

女性スタッフによる作業は、きめ細やかで女性ならではの気配りが行き届いているので、リピーターの女性客も多いです。

まとめ

男性スタッフが多いイメージの不用品回収ですが、なかには女性スタッフが在籍している業者もあります。

なかでも「不用品回収ルート」は、

  • 女性スタッフが対応可能
  • 利用者の70%が女性
  • 創業17年の信頼と実績

安心材料が3つも揃った優良な不用品回収業者なので、初めて利用する方にもおすすめです。

問い合わせは電話のほかLINEでも可能です。

女性で不用品回収を検討している方は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。