もう悩まない!必要なくなったチャイルドシートの捨て方【簡単】

チャイルドシートが必要なくなる時期


子どもを車に乗せるときに必要なチャイルドシート。成長とともにいつかは使わなくなる時期がきます。

しかし、道路交通法により、「6歳未満の子ども、140cm未満の子ども」に対しては、チャイルドシートの使用が義務付けられているのです。

そのため、6歳を過ぎている子どもでも、身長が140cmに満たない場合は、チャイルドシートが必要となります。

チャイルドシートの使用時期は子どもによって違う

6歳児で140cmの子どもはほとんどないので、「6歳」という年齢よりも、「140cm」以下という身長の方が、チャイルドシートの使用期間の目安と言えるでしょう。

ただし、子どもの成長には個人差があるもの。早く140cmまで背が伸びる子もいれば、小学校高学年でも140cmに満たない子もいます。

そのため、チャイルドシートの使用時期は、子どもの成長スピードによって差が生じるのです。

必要なくなったチャイルドシートの捨て方


チャイルドシートは場所を取るため、不要になったら処分を考えなければいけません。子どもの人数が多ければなおさらです。

使わなくなったチャイルドシートを処分する方法は、主に2つあります。

チャイルドシートの捨て方①粗大ゴミとして処分

一番手っ取り早いのが、「粗大ゴミ」として捨てる方法です。

粗大ゴミは大きな家庭ごみを処分するもっとも身近な手段なので、一度は利用したことのある人も多いかと思います。

処分料は発生しますが、自治体が収集を行っていることから、比較的お安く捨てることが可能です。

自治体によって処分料に違いはあるものの、チャイルドシートの場合は200円~500円が相場となっています。

また、チャイルドシートは月齢によって使用するタイプが異なるため、大きさによっては家庭ごみで出せる場合もあります。

新生児用や幼児用のサイズが大きいチャイルドシートは、粗大ゴミ扱いとなることが多いですが、小学生が使う座面のみの小さなものは、不燃ごみとして出せる地域もあるので、事前に確認しておきましょう。

粗大ゴミとして処分する際の注意点

粗大ゴミは処分料を抑えられるメリットがありますが、いくつか注意点もあります。まずは、「事前受付が必要」ということです。

家庭ごみと違い、粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に受付を済ませておく必要があります。

受付後、収集日を決めたら、処分料金分のリサイクル券を購入し、チャイルドシートに貼り付けるなど、少し手間もかかります。

粗大ゴミの受付から収集日までは、1~2週間ほど期間があくことがほとんどです。

受付後、すぐに収集してもらえることはほとんどないので、引っ越しなど急ぎで処分しなければならないときには向きません。

チャイルドシートの捨て方②不用品回収業者に依頼して回収

チャイルドシートは、不用品回収業者に引き取りを依頼することも可能です。

不用品回収業者では、自宅まで直接回収に来てもらえるうえに、早ければ即日中に対応してもらえます。

ただし、便利な分、粗大ゴミとして処分するよりも費用は割高です。

チャイルドシートを急ぎで回収して欲しい場合や、手間をかけずに処分したいときに、不用品回収業者の利用を検討しましょう。

不用品回収業者は、不用品をまとめて回収してもらうのが得!

不用品回収業者は、回収してもらうものが多いほどお得になります。

出張料は不用品が1つでも同じように発生するので、チャイルドシートだけを回収してもらうよりは、他の不用品の引き取りもまとめて依頼した方がメリット大です。

子ども用品は、チャイルドシートだけでなく、ベビーカーや衣類、おもちゃ、ベビーベッドなど、成長とともに使わなくなるアイテムが多くあります。

不用品回収業者を利用して一気に片付けるのも効率的です。

まとめ

今回は、チャイルドシートの使用時期や処分方法について解説いたしました。

  • チャイルドシートの使用義務は「6歳未満、140cm」まで
  • 粗大ゴミとして捨てるのが手っ取り早い
  • 子ども用品をまとめて処分する際は、不要品回収業者の利用がおすすめ

チャイルドシートの使用義務は、子どもの成長によってバラバラです。

粗大ゴミとして処分するのが手っ取り早いですが、処分したい子ども用品が多くある場合は、不用品回収業者にまとめて回収してもらうことをおすすめします。

チャイルドシートのタイプによっては不燃ごみに出せることもあるので、一番適した方法で処分しましょう。